検索

【食べる】レモンの皮の栄養素

瀬戸内クラフトレモネードは、「食べる」レモネード。

その皮には果汁の5〜10倍の栄養が詰まっています。




瀬戸内クラフトレモネードは広島県大崎上島産レモンを使用し、

「生レモンピール」を入れた「食べる」レモネードです。


通常レモネードは果汁だけを使用し、皮は捨ててしまいますが

瀬戸内クラフトレモネードは「生レモンピール」としてご一緒に提供します。

それは瓶詰め「廣島檸檬糖水」も同じです。





そもそもレモンには多くの方が認識されているよう健康に良い栄養素が多く含まれています。 特にビタミンCなど「レモン○個分」などという商品も多く存在します。 しかし実際にレモンの栄養の大部分は「皮」にあります。

たとえば、レモンの皮に含まれているβ-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムは、

果汁の5~10倍だと言われています。 ですので、レモンが体にいいからと言って果汁だけを楽しむのは

少しもったいない事なんです。




レモンの皮に含まれる栄養素はどのような効能があるのでしょうか?


1つ目が抗酸化成分です。

ビタミンC、β-カロテン以外にも、ギ酸、ペクチン、ヘスペリジンなどが

豊富に含まれており、身体の免疫力を高める効果があると言われています。

冬の時期などは普段からレモンの皮を体内に摂取しておくと風邪を予防することが期待できます。


2つ目が抗ガン作用です。

レモンの皮には、サルベストロールQ40とリモネンが多く含まれているのです。

これらの成分は、ガンを予防する効果が期待されています。

対象とするガンの範囲も広く、乳ガン、大腸ガン、皮膚ガンに効果的であると言われています。

特にサルベストロールはガン予防や治療の分野でも注目が集まっている成分で、

サルベストロールのサプリメントを用いたガン治療や予防も行われているほどなのです。


3つ目が、骨を丈夫にする作用です。

レモンの皮には、カルシウムやミネラル分が豊富で、年を重ねるにつれ起こりやすいなと言われている骨粗しょう症の予防に役立つと考えられています。

骨粗しょう症にありがちないつの間にか骨折してしまうという事態を防ぐことが期待できるのです。

このほか、レモンの皮にはヘスペリジンをはじめとするフラボノイドも含まれており、血液中の悪玉コレステロールを減らして、血圧を下げる働きもあるとされています。


このような効果のあるレモンの皮を、ぜひ美味しく食べて健康に貢献しましょう。


実際に皮まで食べる事ができるように調理するのは手間がかかります。

そんな時は、広島の有機栽培レモンと砂糖5種類のみ使用の

「廣島檸檬糖水」で広島のプレミアムなレモンを皮までお楽しみください。



栄養素に関する参考サイト:IN NATURAL STYLEさま


広島県大崎上島産レモン使用・瀬戸内クラフトレモネードでは、イベントなどの出店依頼を随時受け付けております。 ケータリング、出店のご依頼、またはお土産品や卸販売お問い合わせはお気軽にご連絡くださいませ。



お問い合わせ

COPYRIGHT (C) 瀬戸内クラフトレモネード ALL RIGHTS RESERVED.